So-net無料ブログ作成

スペインの田舎町! [旅行]

aaa-1.jpg

aaa-2.jpg

今から20年も前になります。結婚25周年・銀婚式を記念してスペイン旅行をしました。
東京でレンタカーを予約し、バルセロナで車(フランス製のプジョー)を借りて、最終マドリードまでドライブで回りました。バルセロナの五輪の数年前で、まだ落ち着いていました。田舎の町は大体が丘の中腹にあって、昼間訪ね歩いても人の気配が無く静まりかえっていました。この2つの絵はそのような町 アマデグラナダとソルバスと言う町です。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

古い町並みの景観を保全 [旅行]

この写真もスペインの街、ムルシアで見た物である。
 日本では、前のブログでも書いたように、隣が赤だからうちは青にしよう、と云う具合で、街にも統一性がない。日本の街作りの歴史が浅いのだから仕方がないけれど、外国の街作りの原点がこの写真である。写真の左側の薄暗い処が道路。右側の更地が今度新築される建物の敷地、中央のレンガの白い壁は古い外壁で、パイプ足場で頑丈にサポートされている。これにはとても感激した。この様にして古い町並みの景観を保全しているのだ。
右側には全く新しい建物が出来る筈である。そしてその中身も現代風のインテリアで埋まってくるのである。しかし町並みは昔のまま保存されていく。
 国民性の違いとはいえ、本当に羨ましい限りである。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

結婚25周年 [旅行]

結婚25周年を記念して、懇意にしている米国生まれの日本人であるジム・ウイルソンご夫妻と僕ら夫婦と4人でスペイン旅行に行った。日本でレンタカーを予約して勇躍バルセロナの空港に降り立った。レンタカーに乗り込みいざバックしようとしてシフトレバーを動かすがなかなかバックギヤに入らない。妻が見かねて「私がやってみる」と交代したがやはり駄目。仕方なく係員を呼んできてやってもらったらなんなくバックした。質問をしたら、「レバーを持ち上げてバックに入れるのであった。
 スペインは日本とは逆で左ハンドルの右側通行で最初の10分程は戸惑ったが直ぐに馴れた。
 この写真は旅の中頃の「グルタサンホセ」という秋芳洞の様な鍾乳洞で中に川が流れていて舟に乗って見学する。左側の最前列が紀子。僕は右側で顔半分が隠れて額しか写っていない。残念至極なり。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。